グリーントライプとは

グリーントライプとは、羊や牛などの反芻(はんすう)動物と呼ばれる4つに分かれた胃を持つ動物の胃袋の事で、洗浄されていないそのままのものを指します。

 

  <反芻(はんすう)動物とは>

  食べたエサを口の中で咀嚼した後、飲み込んで胃の中に送り、胃からまた口にそのエサを戻して、

  咀嚼することを繰り返しながら消化をしている動物です。羊や牛以外にもヤギやシカ、ラマまどがいます。

なぜ胃を与えるの?

欧米では、古くから家畜の胃袋がそのまま犬に与えられています。

たいへん消化がよく、子犬のころから与えることで、とても健康的に育つということが一般的に認識され実践されてきました。

また健康的かつ、美しく育つことからショードッグのブリーダーなどにも多く利用されてきました。

つまり、家畜たちの胃はもっとも犬の体に合う食べ物の一つであり、成長や健康を支える栄養がたいへん豊富な食材であることがわかります。

グリーントライプの栄養的な利点=反芻胃内の共生微生物

本来野生下では、肉食動物は獲物(草食動物)を捕え、肉や内臓、骨などを食べますが、ある程度大型の獲物を捕獲したときは、柔らかく食べやすいお腹の部分から食べ始めることが多いということは良く知られています。

その結果、草食動物たちの胃や腸に含まれている半消化状態の草なども共に食べることとなり、栄養的なバランスが保たれると言われています。(・・・が、その他の内臓器官や体液も食べることによって様々な栄養を得ているという意見もあります。)


一方、グリーントライプは、内臓の中でも胃袋に限られるのですが、なぜそれほどペットにとって良いものなのでしょうか?

 

反芻動物の胃の中には無数の微生物がいるということと、胃の機能がポイントとなります。

微生物たちは、反芻動物が食べた草などの食べ物を利用(分解・発酵)することで様々な栄養素を作り出し、その栄養素を反芻動物が利用しています。

反芻動物の胃は、栄養素を吸収する機能を持っていることが分かっており、胃を調べたところ、多くの栄養素を含んでいることが分かっているそうです。


もう少し詳しく・・・・

ウシやバイソンなどの大型の動物は、あの大きな体を草などの植物だけで維持しているわけではなく、この微生物の作り出す栄養素と微生物自体を消化してあの大きな体の筋肉・骨格・神経などすべての栄養素を得ています。

植物から栄養を得るだけで、動物はなかなか体を維持できるものではありません。

微生物というのは、細菌や原虫なのですが、細菌は広義で植物に含まれる場合もありますが、原虫は(最下位の)動物です。

ウシの胃にはその原虫が2kgもいると言われています。それらを消化し栄養にしているからこそ、生命と健康が維持できるのです。

草食動物と言われているウシやその他の反芻動物は、実はそうではなく原虫食(動物食)動物ともいえるのです。

反芻動物の胃は、まさに『栄養の宝庫』なのです。

反芻胃のシステム

グリーントライプには、動物が食べた草や穀類の栄養素、消化酵素、胃液、アミノ酸、必須の脂肪酸(オメガ3と6)、そしてカルシウムとリンを非常にバランスよく含んでいると言われています。なぜグリーントライプは、これほど栄養豊かで消化が良いのでしょうか?

それには反芻動物の4つの胃の働きを知れば理解できます。

 

<1番目、2番目の胃>

1番目と2番目の胃が反芻胃と呼ばれています。

ここでは、食べた草などを咀嚼し飲み込んだあと、また胃から口に戻し咀嚼を繰り返すということが行われています。=反芻)

その一方で、胃の中にいる大量の微生物がその草などをエサとし分解・発酵を行っており、その時にできる代謝産物を反芻動物は胃から栄養素として吸収しています。

 

<第3胃>

第3胃は、第1胃や2胃で分解・発酵された食物を第4胃へ送り出したり、逆に第2胃に戻す役割のようです。

 

<第4胃>

そして、グリーントライプと呼ばれる第4胃ですが、ここで初めて胃液が分泌され、私たちの胃の中で起こっている様な消化が行われます。ここでは胃液に交じり、これまで微生物が分解し利用してきた植物と微生物自体も胃液により消化されます。

素晴らしい嗜好性

ほんとうに犬たちはグリーントライプが大好きだということは、それを扱う国では常識です。

グリーントライプの嗜好性はやはり特別です。

野生の肉食動物たちの全てが内臓を食べるように、その嗜好性は他にまねのできないものがあります。

グリーントライプを扱うペットカインド

これら希少な部位を中心に、10年以上製品づくりを行ってきた専門メーカーがカナダのペットカインド社です。

そして、これら優秀な素材が第一主原料として加えられた初めてのドライフードがトライプ・ドライです。